CONTENTS6 自転車の車体の安全と事故対策

1. 自転車は品質・安全性のマークを確認しましょう。

図の順にTSマーク、JISマーク、BAAマーク、SGマークなどの自転車に品質安全性の基準の認証マーク付きのものを購入しましょう。

2. 自転車に乗る前には点検しましょう。

ブレーキ、ベル、ライト、タイヤ、ハンドル、反射機材・尾灯などの点検を励行しましょう。

3. 自転車保険に加入しましょう。

自転車については個人賠償責任保険、傷害保険、TSマーク付帯保険などがあります。万が一の事故になった時に備えて保険に加入しましょう。

4. 自転車安全利用条例等が各地で制定されています。

自転車の事故を減らし、安全で快適な利用を目指して、各地の地方公共団体で自転車安全利用の推進のための条例が制定されています。東京都の「自転車の安全で快適な利用の促進に関する条例」(H25年7月1日施行)では

(1)自転車利用者・保護者に対して
①技能・知識の習得・指導 ②安全な自転車の利用の努力義務 ③ヘルメットの利用、保険の加入等の努力義務
(2)事業者に対して
①従業者等への研修指導 ②自転車駐車場の確保、利用啓発等の努力義務 ③自転車通勤者の駐輪場所の確保の確認義務
等が課されています。
pagetop