CONTENTS1 自転車安全利用5則を守りましょう

1. 自転車は車道が原則、歩道が例外です。

車両である自転車は、車道を通ることが原則です。
歩道を通行しても良いのは、歩道通行可の標識がある場合です。
※それ以外では高齢者(70歳以上)、子供(13歳未満)、体の不自由な方が運転する場合、道路工事等で車道や交通の状況から止むを得ない場合です。

2. 自転車は車道の左側を通行。

道路の左側に寄って通行しなければなりません。
自転車の左側通行は、見通しの悪い交差点などであなたの安全を守ります。

3. 歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行。

歩道では車道寄りを、すぐに停止できる速度で徐行しなければなりません。
歩行者の通行を妨げる場合は一時停止しなければなりません。

4. 安全ルールを遵守。

飲酒運転、二人乗り、並進は禁止されています。
夜間の点灯、信号遵守、交差点の一時停止と安全確認を行わなければなりません。

5. 子どもはヘルメットを着用。

児童・幼児の保護責任者は、児童・幼児に乗車用ヘルメットをかぶらせましょう。
死亡事故の大半を占める頭部損傷を防ぎます。

pagetop